競売の手続きと流れ

住宅ローンの支払いが滞ると、債権者は残債の回収のために、住宅を売却します。競売とは差し押さえによる住宅の売却です。住宅ローンの残債整理の為に売却を考えたとして、競売では様々なデメリットがあります。

 

まず、競売での売却額は一般の相場よりも大幅に下がります。競売にかけられている段階では、まだ債務者はその住宅に住んでいる状態です。住宅を購入する側としては実際に家に入って中を見られないので、相場より7割以下の値段でしか売れません。

 

また、競売では売却が決定次第立ち退きを強制されます。この段階では住宅に居座る権利もないので、抵抗するのも不可能です。最悪の場合には、引越しの準備もできていないのに追い出されてしまう可能性もあります。

 

当たり前ですが、競売で売りに出された住宅は一般に公開されています。近所の人が発見すれば、家庭で住宅ローンが払えなくて差し押さえられているのがバレてしまいます。

 

競売で住宅が売却されればローンの支払いが解決するわけではありません。相場よりも安く売られてしまうので、競売で残債が全て亡くなるケースは稀です。つまり、競売にかけられて住宅を手放しても、ローンの残債の問題は解決していません。

 

競売にはデメリットが多く、そうなる前に手を打つ必要があります。

 

それこそ返済が負担になっていると感じるなら、早めに借り換えを考えるなどです。借り換えは住宅ローン以外にもカードローンの借り換えの借り方もありますので、よく見ておくと良いでしょう。