任意売却の前にすべきこと

住宅ローンを滞納すると、最悪競売にかけられてしまいます。競売での売却益で足りない分の残債を支払えなければ債務整理となります。そのため、無理だと判断したら早めに任意売却で先手を打つ必要があります。しかしまずは、本当に住宅ローンの支払いが不可能なのか、その判断からすべきです。

 

ほとんどの人が、できれば家を手放さずに解決を試みたいはずです。まずは家計の見直しで解決できないかを考えます。住宅ローンの返済に回すために保険の内容を見直したり、生活費を削減できないか工夫したり、これらは住宅ローンの返済をそのまま続けるための対策です。

 

すでに削るのが難しい場合や、収入が激減したなどの事情で明らかに足りない場合には、返済計画の見直しを考えます。1人で考えても解決しないので、住宅ローンを組んだ金融機関に相談します。現在の収入や滞納から、毎月の返済額を見直ししてもらえないか相談します。ただし、この相談の決断は先延ばしにすべきではありません。滞納が続くほど心証は悪くなり、交渉も不利になるからです。

 

家計や返済計画の見直しでも解決できないと判断したら、その時は任意売却を考えます。やってはいけないのは、住宅ローンの支払いの為にカードローンなどを利用する行為です。返済のめども立たないのに新たな借金をすれば、今後ますます不利になります。

 

住宅ローンの返済が遅れていなければ、消費者金融のモビットの融資などは比較的手軽に利用ができます。ただ、返済を考えると余計な借り入れを重ねるべきではありません。