任意売却とは一体何か

任意売却とは、ローンの残債を支払うために住宅を売却する手続きです。事情があって住宅ローンの支払いが困難になった時に、先手を打って有利な状況で住宅を手放せます。住宅を売却するという点では競売と同じですが、任意売却には、競売にはないメリットがいくつかあります。

 

任意売却の場合には、相場の値段での住宅の売却が可能です。競売と違い、興味がある人には実際に家の中を見てもらって判断できます。そのため、売却額の面では競売よりも有利になります。

 

積極的に残債を支払うための手続きなので、色々と融通が利きます。例えば売却をしても残った残債については、毎月の返済額を減らして無理なく返済できるように相談も可能です。また、引越し時期についての相談も可能なので、計画的に売却ができます。場合によっては引越しの費用を負担してもらえるケースもあります。

 

競売ではリストから、一般の人に内容がバレてしまいますが、任意売却では普通の売却と同じです。そのため住宅ローンの滞納という事情が近所に知られずに解決ができます。

 

住宅を手放すという決断は勇気がいるものです。しかし、後手後手に回ってしまえば競売にかけられるまでの時間はあっという間です。支払いがどうしても困難な時には、先手を打って任意売却の手続きを取った方が、その後の展開が有利に運びます。

 

住宅ローン返済が苦しいからと余計な借金をサラ金からの借り入れで重ねてしまうと、余計に問題が大きくなります。返済の計画をしっかりと立て、余計な借金を作らないようにしましょう。