住宅ローンが払えない

住宅ローンは長期間のローンなので、途中で返済が困難になるケースもあります。きっかけは様々です。リストラや転職によって収入が減ってしまう、金利が上がってしまい負担が増えてしまった、子供の養育費の負担が増えてしまった、事故などで賠償金が必要になった、他にも色々なケースが想定されます。

 

本当に住宅ローンが払えなくなった場合、家を強制的に手放さざるを得ない状況にさえなってしまいます。そこまでの流れは早く、早急に対策を打たないといけません。

 

 

まずは督促状が届く

住宅ローンの支払いが滞ると、借入れしている金融機関から督促状が届きます。住宅ローンの場合には、通知書だけでなく確認の電話がかかってくる場合もあります。ただし、1~2か月の遅れであれば、まだ家を手放すような話にはなりません。

 

3か月目からの状態

滞納が3か月を超えると危険信号です。滞納分を期限付きで払ってもらうよう、督促状が届きます。基本的には1か月分払えば許してもらえるようなものではなく、滞納している3か月分以上の住宅ローンの一括支払いが求められるので、まとまった金額が必要になります。

 

3か月目はかなり危険な状態で、金融機関によっては、この段階で競売手続きに入るケースもあります。

 

6か月目にさしかかると危険

滞納が6か月目に入る頃には、ローンの滞納分ではなく、ローンの残債全てを一括で返済するよう催告書が届きます。残った住宅ローンを一括で払うのは非常に困難ですが、一括で返済するか差し押さえかの2択を迫られている状態です。

 

この時点でローンの債権は金融機関からローン保証会社に移ります。家を手放したくないなら、この段階になる前に手を打たなければなりません。

 

住んでいる家は競売にかけられる

金融機関によって違いはありますが、一般的に6か月住宅ローンを滞納すると、差し押さえられて競売にかけられます。この時点でいつ家を追い出されても手の打ちようがない状態になります。

 

住宅ローンの残債を回収するために住宅を売却して、その利益が残債の整理に充てられます。しかし、競売にかけられた住宅は安く買いたたかれます。相場の7割以下の値段で落札されてしまうので、競売で回収した金額ではローンの残債は賄いきれません。そうなると、大切な住宅を手放した上に巨額の債務も残ってしまいます。

 

担保となる住宅がある住宅ローンは、無担保で借りるカードローンなどとは違った対応となります。カードローンの場合には大手のアコムの借り入れであるとしても、何らかの財産が競売にかけられるようなことはそうそう起こりません。

 

ただ、あまりにも返済をしない、裁判になってしまうなどとなれば話は別なので、借りたお金はしっかりと返済を行うようにしてください。

 

住宅ローンが払えない時には

住宅ローンを払えなくなってから競売までは、体感ではあっという間です。事情があって住宅ローンの支払いが厳しくなった時には、早めに手を打たなければいけません。家計の見直しや住宅ローンの借り換え、任意売却など、様々な方法があります。

 

返済が苦しくなる前に借り換えを行うとするなら、低金利の住宅ローンを見つけるためにも住宅ローン借り換え比較をしっかりと行っておきましょう。